R.B.SESSION

RUN & BODY SESSION

MARIE
はじめてのフルマラソン
90日間のチャレンジ 完結編

MARIEはじめてのフルマラソン90日間のチャレンジ 完結編

静岡マラソン 2019
無事完走することができました。

90日前は思ってもみませんでした。
私の頭の中が走ることでいっぱいになるなんて。

当初は走ることへの知識が全くなく、
最後に走ったのはいつかな?と遠い昔の記憶。

走る=辛い というイメージが残っていました。

だけど挑戦したい!フルマラソンを完走したい!

という想いと勢いだけでエントリーボタンをポチッと押したのを覚えています。

最初は5kmでも「すぐ息が上がって苦しい」という状況だったのが、2週間を過ぎた頃には、ゆっくりでも「自分のペースを保って走れる」ように変わっていきました。

そうなってくると、走ることがどんどん楽しくなり、走れる距離も5kmから10km、15kmと少しずつ伸びていきました。

いつしか、走るとカラダだけでなく、頭もスッキリするようになり

走る=心を整理する時間

になっていました。

自分なりの生活ペースで心とカラダを充実させてくれるのがランニング。

食事を見直すようになる。自分のカラダと向き合うようになる。自分と向き合う時間ができる。ランを通じて仲間ができる。走ることと、おしゃれを楽しむことも隣り合っていて興味は広がるばかり。

走り始めたことで、世界が変わっていきました。

 

60日が過ぎたころ、走ることは習慣になっていて、20km走、30km走と終え、

順調に進んでいるように思えましたが、

フルを走りきれるかどうかはスタート直前の直前まで不安でいっぱい。

スタートをきった後の5時間はあっという間。

気づいたらゴールラインを通過し、

走りきった安心から涙がこぼれてきました。

本当に本当に良かった。

この一言につきます。

ゴール出来たことで、今までの自分より強くなれたと思います。

走り終えてみて、
マラソンは一人だけど、一人じゃないスポーツな気がします。

誰かと競うわけでもなく(私の場合は)、勝ち負けもなく自分との孤独の勝負。一人一人違った想いで挑むけど、目指す場所はただ一つ、同じゴール。だから横で一緒に走るランナー皆を仲間のように感じていました。

家族、友達、沿道の応援や数え切れないほどのハイタッチ、どれもはじめての経験。他のスポーツでは味わえないのでは。

私が走りきることが出来たのは、

いつも丁寧に指導して下さり

一人一人としっかり向き合ってくれる

トモランコーチの皆さん

何も知らない私に優しくアドバイスをくれる

先輩ランナーの皆さん

近くでサポートしてくれた家族の存在の

おかげです。

応援&サポートしてくれた皆に心より感謝です!ありがとうございました。

今後に向けて。

まだ次の目標は決めてません。

だけど、これからも走ることを楽しみたいと思います。

MARIE

投稿者情報

R.B.S
食べること、カラダを作ること、仲間と笑い合うことを、走りにプラス。
ランニングをライフスタイルに。
走り始めた人、走り続けている人、走ってみたい人と一緒に楽しめたらうれしいです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Return Top